返済能力に合わせた債務整理

債務整理には、いくつかの方法があります。

 

一般的に知られるのは自己破産です。
裁判所に申し立てて認められれば、全ての債務が免除になります。しかし、個人財産の処分や官報に掲載され一般の人に知られてしまいます。
旅行などについても制限されます。
最悪の債務整理の方法ともいえます。

 

定職に就いているなど返済できる能力があるのなら、任意整理を選択するのが多いです。
持ち家などの財産を残しながら金融機関と債務の減額を交渉します。
返済期間の見直しも行い、弁護士や司法書士が金融機関との間に入って交渉することになります。

 

任意整理は官報に掲載されることなく、裁判所に申し立てする必要もありません。
債務者の負担も少なく、債務整理で最も多いのが任意整理です。

 

このほかに、個人再生という方法もあります。弁護士や司法書士が交渉に立ち、債務を減額してから3年以内での返済をしていきます。不動産などの財産も残すこともできます。

 

金融機関からの督促や連絡も、全て弁護士や司法書士が代理することになり、精神的な苦痛から解放されます。
債務に悩んでいるなら、まずは弁護士や司法書士に相談して、任意整理の道を探ることから始めましょう。

 

ちなみに、司法書士の扱える案件は140万円以下に限られています。


このページの先頭へ戻る