債務整理の種類について

借金で苦しんでいる方たちの多くは、借金という重荷に押しつぶされそうになり、不安な毎日を過ごしていることでしょう。

 

しかし、そのような悩みの種である借金も、債務整理という手続でなくすことができる可能性があります。

 

債務整理に対する十分な情報、そして理解があれば、必ず借金と言う重荷から解放されるはずです。

 

債務整理には、任意整理 ・民事再生・自己破産 といった主に3つの手続があります。

 

任意整理とは、裁判所が債務返済に介入することなく、弁護士や司法書士が間に入り、消費者金融などの債権者と債務者間で任意の交渉を行い、借金を整理することを言います。

 

民事再生とは、民事再生法に規定されている債務整理の方法で、債務者が債務の一部を3年以内などの一定期間内に支払うことを条件として、残りの債務を免除してくれるというものです。

 

自己破産はみなさん一度は耳にしたことがあると思いますが、これも債務整理の一つです。

 

自己破産とは、借金の返済が困難だと判断した債務者自身が、裁判所に破産手続きの開始を申し立てることによって行われる債務整理方法です。裁判所が介入する点でその他の債務整理と異なります。

 

この方法は多重債務など借金が膨れてしまい、返済困難な債務者を救済するための制度です。

 

それぞれの債務整理には長短があります。借金に悩む方は、まずは無料法律相談所などで相談することがよいでしょう。


このページの先頭へ戻る