債務整理とは?

お金がないみなさん債務整理についてご存知でしょうか?

最近、CMなどでこの言葉を耳にする機会が多いと思います。

 

債務整理とは簡単に言うと、借金をしている債務者(債務整理を行う者)が支払える金額があればその金額を返済し、その金額で借金の総額を返済できない場合に、個人民事再生や破産等の手続をとることを指します。

 

今回は債務整理のひとつである任意整理についてご説明します。

 

任意整理とは、弁護士や司法書士の手助けによって借金の総額と毎月の返済額を減額することが可能になり、任意に選んだ一部の借金だけを整理することが可能な債務整理の方法です。

 

任意整理を行うことで過払い金が発生した場合であっても、既に支払った過払い金が手元に戻ることもあります

 

任意整理のメリットには、裁判所を通さないで弁護士・司法書士などの専門者が債権者と和解をするための手続きをとってくれるので、債務者の負担がそれほど大きくないこと、任意整理の依頼をすることで、借金の請求が止まること、利息が生じないこと、先ほど述べたように過払い金があれば回収してもらえることなどが挙げられます。

 

借金でお悩みの方は、まず債務整理が可能かどうか、また債務整理をどのような形で行うか、弁護士や司法書士の方に相談してみることをおすすめします。

債務整理は救済策

借金問題 解決多額な債務を背負い、返済が万一出来なくなった場合、個々の生活状況に応じた債務整理が必要になってきます。

まず、弁護士か司法書士に債務整理手続きの依頼をすれば、受任通知を債権者に送る事で、全ての債務の請求をストップしてくれます
債務整理の方法の決定は、債務者の収入の有無や借金額を基に決められる事が多く、いずれの方法も一定期間は信用情報機関に整理した本人の名前が掲載されます。
債務整理をした後は、7年位クレジットカードを作ったり、ローンを組む事ができなくなるので要注意です。
債務整理の中では、裁判所を介せずに処理できるのが任意整理で、消費者金融やローン会社などの債権者との話し合いで借金残額の減額を交渉できます。

 

話し合いは弁護士に依頼すれば、代理で進めてくれるので、面倒な事態を避けながら効率良く和解ができる方法です。
民事再生は、とにかく家だけは手放したくないという人に救済する措置で、住宅ローン以外の借金を減らして、残りを分割して3年以内に返済していく方法です。
民事再生と任意整理は、定期的な安定収入のある人に限られ、無職であれば自己破産を考慮する必要があります。

 

債務整理は決して怖い事ではなく、無理のない返済計画が立てられ、心機一転新しい生活を始められるキッカケにもなります。

 

とりあえずアコムに過払い請求してみるのもいいかもしれません。

債務整理をする魅力

債務整理で解決債務整理とは、膨れ上がった債務を整理し返済をする事です。

債務整理には、任意整理、特定調停、自己破産、個人再生といった種類があります。
このように債務整理と言ってもいろいろな方法があり、債務整理を考える人の状況によって取るべき方法も変わってくるのです。
さらに債務整理をする事によって、複数からの借り入れを一括で管理する事が出来るというメリットがあります。

 

多重債務者の場合、様々な消費者金融から借入をしている場合が多く、それらを一本化することで債務の管理をしやすくすることが出来ます。
債務整理をすれば、債務の額を減らす事が出来るのですが、その理由は過払い利息の引き直し計算をするからです。
この引き直し計算によって債務の額を減らせる事が出来るのです。私が思う債務整理する上で一番魅力だと思うことは、消費者金融などの借入先から支払いの催促が止まる事だと思います。
債務整理をすると、返済の窓口はすべて弁護士になるので、消費者金融などは正当な理由なく本人に支払いの催促などの連絡をしてはならない事になっています。
まず多重に借り入れがある人は、自分で判断するのではなく専門家に相談し、債務整理にも上記のように様々な種類があるので、自分に一番適している債務整理を判断する事が大事だと思います。


このページの先頭へ戻る